mottox2 blog

devに関する記事

dev

Next.js 9からTypeScriptの利用方法が変わるのでまとめてみた

ZEIT社が開発しているReact製のフレームワークNext.jsですが、現在v.8.1.1のカナリー版がリリースされています。 v.9では様々な変更が入っていますが、個人的に注目しているのはTyp

dev

2019年(1-6月)のプルリクエストを振り返る

今年も始まって半分が経過しました。 ブログのメンタリングをしてくれたカック@ブロガー / k9u (@kakakakakku)さんがプルリクエストの振り返り記事を出していたので、インスパイアし自分も

dev

WordPressをShifterでホスティングする際の検討メモ

Shifterは株式会社デジタルキューブが運営する「Serverless Static WordPress ホスティング」と銘打っているサービスです。 通常用途でWordPressをする際は常にW

shifterwordpress
dev

ReactのUIコンポーネントライブラリに「Sancho UI」はいかが?

GW満喫していますか?私はNext.jsとCloud Functionsを組み合わせたり、FirebaseをバックエンドとしたSPAの検証や、SwiftでiOSアプリを書いて満喫しています。 こう

emotionreact
dev

技術書典6でNetlifyとGatsby本を頒布します

技術書典6「か67」でNetlifyとGatsbyの本を頒布します。 Netlifyは92ページ、Gatsbyは100ページ超(執筆中)でどちらとも¥1,000で頒布を予定しています。 興味のあ

gatsbynetlify技術書典
dev

GatsbyJSで複数のサイトの情報をまとめたRSS Feedをつくる

自分はWrite Blog Every Weekという週に一回ブログを書くコミュニティに所属しています。 コミュニティ内ではRSS Feedに基づいてブログを書いたかを判断するBotが整備されており

gatsby
dev

ReactとIonicでアプリ開発ができる@ionic/reactを触ってみた

どうも、クロスプラットフォーム開発の夢を捨てきれない@mottox2です。 クロスプラットフォーム開発の選択肢はReactNative, Flutter, Xamarinなどがありますが、つい最近に

reactionic
dev

ブログのReactを16.8にあげてReact Hooksで書き換えてみた

2019/02/06にReact16.8がリリースされ、16.7のalphaから入っていたReact Hooksが安定版にやってきました。 そこで今回このブログで使われているReactを16.8に上

javascriptreact
dev

netlify-cliを使ってCLIでデプロイを行う

Netlifyには優れたUIを持つWeb画面が用意されていますが、CLI(コマンドラインインターフェース)も用意されており、CLIのみでのデプロイも可能になっています。 通常の開発ではWeb UIで

netlify
dev

Netlifyで環境変数を設定する

Netlifyではビルドコマンドを設定して、デプロイ時にビルド処理を実行することが多いです。その際に利用するデータベースのユーザーネーム・パスワードや外部サービスのTokenなどは一般的にはソースコー

netlify
dev

GatsbyJSブログに検索を実装してみた

あけましておめでとうございます。今回はGatsbyでつくってる当ブログに検索を実装しました。 なぜ自分で実装したのか、Gatsbyの構成でどういう実装を選択したのかを書きました。 > つくったも

ブログ開発gatsby
dev

Gatsby Themeの紹介

Gatsbyを使った人でStarter(Scaffold)を利用してGatsbyのサイトを構築したことのある人は多いのではないでしょうか? Starterとは別にGatsbyのサイトを構築していく上

gatsby