mottox2 blog

PixelaのNode.jsクライアントライブラリをつくった

mottox2
mottox2
2018/10/15

Pixelaというサービスのnodejsクライアントライブラリを書きました。

Pixelaとは?

GitHubのような芝生画像を生成するWebサービス。すべての操作をAPI経由でやる。

こういう画像を生成できる。

スクリーンショット 2018-10-15 19.59.30.png (45.7 kB)

作者ブログ: commit以外の数値でも草を生やせる、PixelaというAPIサービスを作った! - えいのうにっき
公式サイト: Pixela | Pixelation API Service

pixela-node

すごいいいサービスだと思ったので、Node.js用のクライアントをつくって公開しました。
(メソッドの返り値がaxios全開なので、返り値変更の破壊的な変更を行う可能性が高い。)

mottox2/pixela-node: Pixela API Client for nodejs

次のようなコマンドでインストール出来ます。TypeScriptの型定義もあるので、TSで触るのがおすすめ。

shell
$ npm install --save pixela-node
or 
$ yarn add pixela-node

これからSlackからPixelaをいじるコードを書く予定です。

筋トレの習慣化に向けて頑張るぞ!作者の@a_knowさん、ありがとうございます!

正直PWAで同じようなアプリケーションを作ろうと画策していたのだけど、Pixelaが良かったのでPixelaの使いみちを考えることにした。

@mottox2フリーランスWebデベロッパー

都内でフリーランスエンジニア・デザイナーとしてWebサービスやスマホアプリを作っています。Ruby on Railsでの新規事業の爆速立ち上げや、使いやすいSPAの開発が得意です。

お問い合わせはこちら

自分のGitHubから読み取る挫折の歴史 in 2018

この記事は、「Crieitアドベントカレンダー」9日目の記事です。遅刻ごめんなさい。 Crieitはプログラマー・クリエイターのためのサイトなので、自分のクリエイターになろうとして失敗した記録をG

Netlify Functions + TypeScriptのボイラープレートを作った

8月に書いた「Netlify FunctionsでTypeScriptを使う」という記事で、netlify-lambdaをフォークしてTypeScriptを使っていると書きました。 数ヶ月経ち、フォ

netlify

Netlify FunctionsでTypeScriptを使って開発する

この記事は既に内容が古くなっています。最新の内容は「Netlify Functions + TypeScriptのボイラープレートを作った」をご覧ください 先日Netlify Functionsの

netlify

技術ブログを支える技術(Gatsby + esaio)

2018年5月に公開を始めた当ブログですが、Gatsbyをより多くの人に使ってもらいたいと考えソースコードをオープンにしたので、ブログで用いている技術について説明します。 > 当サイトについて当サ

esaiogatsby