mottox2 blog

技術書典で頒布された読み始めやすい本、読み始めにくい本

blog技術書典

10/11に行われた技術書典5から、2週間半ほどの時間が経過しました。
自分はサークル側で出展していたために、あまり本を手にすることが出来ませんでしたが、何点か気になる点があったので記事にしておきます。

1行にまとめると積ん読状態になるので、内容に関係なく読み始めやすい本の特徴があるということ。

どんな本に手をつけやすいか

前提として、技術書典に参加した人は多くの本を購入したタイミングで積ん読状態になっていると思う。

  • 積ん読状態で100ページ近い本は手に付かない。
    • 軽めのものから読もうと思った。
  • パット見で文字の密度の低い本。
    • サンプルコードが少ないと読む気になりやすい。
  • 紙書籍であること。
    • B5サイズのPDFはiPadを持ち出さないと、読まないことに気がついた。
    • 固定レイアウトだとスマホで開く気にならない。
    • これは人に依存しそう。自分は小説とマンガ以外は紙本で読むタイプの人間。

その他気づいたこと

  • 明朝体のが読みやすい。Re:VIEWで執筆されている本は安心して読める。
  • DLカードの保存方法に迷っている。
    • カメラで取ってesaに保存かな?

ごくごく当たり前の内容かもしれませんが、次回の糧となりますように。

B!
tips

Google Chromeスクショ術

技術同人誌やブログを書く上で外せないのがスクリーンショットを取ることです。 同人誌を5冊書いていく経験の中で慣れてきたので、自分がスクリーンショットを撮る時に使っている方法を紹介します。 > C

chrome
event

技書博で「SlackApps開発ガイド」を頒布します

7/27に大田区産業プラザPiOで行われる技術書同人誌博覧会(技書博)に「つのぶえ出版」としてサークル参加します。 今まで「つのぶえ出版」としてはGatsbyとNetlifyの本を4冊だしていまし

event

Ginza.jsでNext.jsをNetlifyで配信するLTをしてきた

2019/5/22にPlaidさんのオフィスで行われたGinza.js #1にLT枠で参加してきました。 前から、Plaidさんの会場は一面芝というのをTwitterで観測しており、今回初めてお邪魔

ltnetlifyreactnextjs