mottox2 blog

npmに公開したパッケージを非推奨(deprecated)にする

tipsnpmnodejs

npmにパッケージを公開したけど、今はもうメンテナンスしていないパッケージはないだろうか?自分にはある。
とあるコードを書いている最中にnpmに非推奨(deprecated)の概念があることがわかったので手順を記録しておく。忘備録的な記事です。

手順

調べたところ、npmのドキュメントがあった。

https://docs.npmjs.com/cli/deprecate.html

npm deprecate <pkg>[@<version>] <message>という形式で実行できる。今回は以下のコマンドを実行した。

bash
$ npm deprecate gatsby-plugin-workbox "Gatsby now supports workbox. Please use gatsby-plugin-offline."

deprecatedになるとどうなるか?

npmのパッケージページ上部にThis package has been deprecatedという表示が出る。

https://www.npmjs.com/package/gatsby-plugin-workbox

www.npmjs.com_package_gatsby-plugin-workbox.png (265.2 kB)

また、npm / yarn CLIでインストールする際にdeprecatedに設定したメッセージが表示されるようになる。
この表示からするにdeprecatedなメッセージ以外に、代わりに使ってほしいパッケージを表示するのが親切だろう。

スクリーンショット 2019-01-05 13.23.10.png (44.5 kB)

B!
dev

Netlifyで環境変数を設定する

Netlifyではビルドコマンドを設定して、デプロイ時にビルド処理を実行することが多いです。その際に利用するデータベースのユーザーネーム・パスワードや外部サービスのTokenなどは一般的にはソースコー

netlify
event

GatsbyJSハンズオン資料

2019/01/08にサポーターズで行われる『Gatsbyで今風ウェブサイトの開発ハンズオン』のハンズオン資料です。 > スライドスライド > 各種リンク各種リンク - CodeSand

book

『学びを結果に変えるアウトプット大全』を読んだので実践します

去年は多くのアウトプットを行ったので、2019年はアウトプットの質を高めたいと思っています。 個人としてブログはもちろん、ハンズオンなどのアウトプットも行っていく予定なのでそういったアウトプットの質

review