mottox2 blog

npmに公開したパッケージを非推奨(deprecated)にする

tipsnpmnodejs

npmにパッケージを公開したけど、今はもうメンテナンスしていないパッケージはないだろうか?自分にはある。
とあるコードを書いている最中にnpmに非推奨(deprecated)の概念があることがわかったので手順を記録しておく。忘備録的な記事です。

手順

調べたところ、npmのドキュメントがあった。

https://docs.npmjs.com/cli/deprecate.html

npm deprecate <pkg>[@<version>] <message>という形式で実行できる。今回は以下のコマンドを実行した。

bash
$ npm deprecate gatsby-plugin-workbox "Gatsby now supports workbox. Please use gatsby-plugin-offline."

deprecatedになるとどうなるか?

npmのパッケージページ上部にThis package has been deprecatedという表示が出る。

https://www.npmjs.com/package/gatsby-plugin-workbox

www.npmjs.com_package_gatsby-plugin-workbox.png (265.2 kB)

また、npm / yarn CLIでインストールする際にdeprecatedに設定したメッセージが表示されるようになる。
この表示からするにdeprecatedなメッセージ以外に、代わりに使ってほしいパッケージを表示するのが親切だろう。

スクリーンショット 2019-01-05 13.23.10.png (44.5 kB)

B!
dev

CLIで利用するNode.jsの書き捨てプログラムを作成するコツ

プログラマーであれば単純作業をプログラムに任せると思います。今回は備忘録を兼ねてNode.jsで書き捨て前提のプログラムを書く際に、よく使っているテクニックをまとめてみました。 やっていることは同じ

nodejs
tool

おしゃれなコード画像を生成するCLIツール『Silicon』

自分はLT資料を作る際に、『Carbon』というおしゃれなコード画像を生成するWebサービスを利用しています。今回はCarbonをインスパイアした『Silicon』というRust製のCLIツールを発見

toolrust
event

「技術書同人誌博覧会」にサークル参加してきた

2019/07/27に大田区産業プラザPioで開催された技術書同人誌博覧会(通称「技書博」)にサークル参加してきました。 「ブログを書くまでがイベント」ということですので、新刊の話、次回の新刊、当日

技術同人誌