mottox2 blog

WordPressをShifterでホスティングする際の検討メモ

devshifterwordpress

Shifterは株式会社デジタルキューブが運営する「Serverless Static WordPress ホスティング」と銘打っているサービスです。

通常用途でWordPressをする際は常にWordPressが動くサーバーが立ち上がっていますが、Shifterはコンテナ技術を使うことで必要なときにWordPressを立ち上げ、静的ファイルを生成する処理を行うことで、外部から見ると単なる静的ファイルをホスティングしているだけになります。
WordPressが起動しているわけではないので、脆弱性との戦いからの開放・ページ表示の高速化、メンテナンス性の向上といったメリットを得ることが出来ます。

補足で、WordPressの拡張機能であるStaticPressは起動しているWordPressから静的ファイルを生成するものなので、Shifterとは大きく異なります。Shifterはホスティングサービス、StaticPressはプラグインです。

今回はShifterに移行する際に疑問に思ったことと、その調査結果を記録しました。

原理と実現可能性

利用者側から見た変化

  • 外部の人やリテラシー低めの人には合わない
    • 毎回URLが変わる
    • 常に立ち上がっているわけではない
    • Generateボタンをおす必要がある
  • 反映までの時間がかかる
  • この辺りの教育をどうするか
    • 覚えてもらうコスト

総括

  • リテラシーの高い人が担当するならOK
    • リテラシーが低くても使いやすくする整備はできるかも
    • 基本的にJAMstackで置き換えるときの判断と同等
  • Shifter APIを利用することである程度自作の仕組みに載せることはできそう
B!
tips

Google Chromeスクショ術

技術同人誌やブログを書く上で外せないのがスクリーンショットを取ることです。 同人誌を5冊書いていく経験の中で慣れてきたので、自分がスクリーンショットを撮る時に使っている方法を紹介します。 > C

chrome
event

技書博で「SlackApps開発ガイド」を頒布します

7/27に大田区産業プラザPiOで行われる技術書同人誌博覧会(技書博)に「つのぶえ出版」としてサークル参加します。 今まで「つのぶえ出版」としてはGatsbyとNetlifyの本を4冊だしていまし

event

Ginza.jsでNext.jsをNetlifyで配信するLTをしてきた

2019/5/22にPlaidさんのオフィスで行われたGinza.js #1にLT枠で参加してきました。 前から、Plaidさんの会場は一面芝というのをTwitterで観測しており、今回初めてお邪魔

ltnetlifyreactnextjs