mottox2 blog

Netlifyで日本語URLを扱う

blognetlify

仕事でもNetlifyを使うにあたって日本語URLがちゃんと使えるか知っておく必要があったので検証しました。

まとめ

Netlifyで日本語URLは問題なく使えました。

  • 日本語ファイルは普通に使える。
  • リダイレクトに関してはエンコードを忘れないこと。

経緯

何度もいいますが、このブログはNetlifyにホスティングされています。静的サイトなので、基本的にメンテフリーになり運用が非常に楽です。
仕事でもNetlifyが使えてメンテフリーになればよりストレスレスな状態で働けるようになるので、仕事で作っているサイトもNetlifyにホスティングしたいと考えています。
その上で、考慮しないといけないことが「日本語URL」の扱いです。
ということで調べました。

日本語ファイルは普通に使える

普通に日本語ファイルを公開ディレクトリに置いておけば問題なく動きました。

リダイレクトに関してはエンコードが必要

Netlifyでは_redirectsというファイルに指定の形式で書くことで、リダイレクトを行うことが出来ます。(Docs)

日本語URLに関しては、エンコードが必要です。と言ってもブラウザのアドレスバーからコピペするとエンコードされたものがペーストされるのであまり意識する必要はありません。

設定例

_redirects
/%E3%83%AA%E3%83%80%E3%82%A4%E3%83%AC%E3%82%AF%E3%83%88 /新URL 301

また、小文字・大文字は区別されるので注意しましょう。自分は最初に小文字でエンコードしてしまい気づくまで時間を使ってしまいました。

B!
dev

CLIで利用するNode.jsの書き捨てプログラムを作成するコツ

プログラマーであれば単純作業をプログラムに任せると思います。今回は備忘録を兼ねてNode.jsで書き捨て前提のプログラムを書く際に、よく使っているテクニックをまとめてみました。 やっていることは同じ

nodejs
tool

おしゃれなコード画像を生成するCLIツール『Silicon』

自分はLT資料を作る際に、『Carbon』というおしゃれなコード画像を生成するWebサービスを利用しています。今回はCarbonをインスパイアした『Silicon』というRust製のCLIツールを発見

toolrust
event

「技術書同人誌博覧会」にサークル参加してきた

2019/07/27に大田区産業プラザPioで開催された技術書同人誌博覧会(通称「技書博」)にサークル参加してきました。 「ブログを書くまでがイベント」ということですので、新刊の話、次回の新刊、当日

技術同人誌