mottox2 blog

event

技術書典7で『Slack App開発レシピ』を頒布します

技術書典7で『Slack App開発レシピ』という技術同人誌を頒布します。(サークルページ) この本は、技術書同人誌博覧会で頒布した『Slack App開発ガイド』の続編になります。 開発ガイド

tip

Node.jsでファイルを直接実行した際にしか動かない処理を書く

Node.jsで他のファイルから呼び出すためのファイルを書いた時に、その関数をいい感じに実行したいと思ったことはないだろうか?具体的にはテストから呼び出すほどでもない用途でnode index.jsを

event

フロントエンドNightで『JSXでつくるDSL』というLTをしてきた

gifteeさんのオフィスで開催された『フロントエンド Night #1』というイベントでLT枠を頂き『JSXでつくるDSL』というLTをしてきました。 > 話したこと話したこと JSXから

lt
dev

Node.jsでコマンドを実行したい時に使える『execa』の紹介

Node.jsでCLIのコマンドを実行する際、標準モジュールとして用意されている「child_process」を使う。ただ、調べてみたところNext.jsやGatsby.jsといったフレームワークの内

nodejs
book

Firestoreの実践的知見を得られる『Firestore Mastery』を読んだ

Firebaseを使ってウェブサービス開発のお手伝いをする機会があった。その際に特に迷ったのが「NoSQLなFirestoreをどう使っていくか?」という点だ。データのモデリングや、データの読み書き権

dev

CLIで利用するNode.jsの書き捨てプログラムを作成するコツ

プログラマーであれば単純作業をプログラムに任せると思います。今回は備忘録を兼ねてNode.jsで書き捨て前提のプログラムを書く際に、よく使っているテクニックをまとめてみました。 やっていることは同じ

nodejs
tool

おしゃれなコード画像を生成するCLIツール『Silicon』

自分はLT資料を作る際に、『Carbon』というおしゃれなコード画像を生成するWebサービスを利用しています。今回はCarbonをインスパイアした『Silicon』というRust製のCLIツールを発見

toolrust
event

「技術書同人誌博覧会」にサークル参加してきた

2019/07/27に大田区産業プラザPioで開催された技術書同人誌博覧会(通称「技書博」)にサークル参加してきました。 「ブログを書くまでがイベント」ということですので、新刊の話、次回の新刊、当日

技術同人誌
tips

Google Chromeスクショ術

技術同人誌やブログを書く上で外せないのがスクリーンショットを取ることです。 同人誌を5冊書いていく経験の中で慣れてきたので、自分がスクリーンショットを撮る時に使っている方法を紹介します。 > C

chrome
event

技書博で「SlackApps開発ガイド」を頒布します

7/27に大田区産業プラザPiOで行われる技術書同人誌博覧会(技書博)に「つのぶえ出版」としてサークル参加します。 今まで「つのぶえ出版」としてはGatsbyとNetlifyの本を4冊だしていまし

dev

2019年(1-6月)のプルリクエストを振り返る

今年も始まって半分が経過しました。 ブログのメンタリングをしてくれたカック@ブロガー / k9u (@kakakakakku)さんがプルリクエストの振り返り記事を出していたので、インスパイアし自分も

dev

Next.js 9からTypeScriptの利用方法が変わるのでまとめてみた

ZEIT社が開発しているReact製のフレームワークNext.jsですが、現在v.8.1.1のカナリー版がリリースされています。 v.9では様々な変更が入っていますが、個人的に注目しているのはTyp