mottox2 blog

blog

GAE(nodejs)でデプロイ中にbuildを含める方法

gae
mottox2
mottox2
2018/06/12

仕事でGAEにnodejsのアプリケーションをデプロイをやってて、デフォルトの設定だとnpm install --productionが実行されるのでdevDependenciesのインストールはスキップされる。
ちょっと前まで手元でビルドしてgcloud app deployを叩いていたんだけど、さすがにイケてないなと思ってたんだけど、ついに解決した。

まとめ

以下のようにgcp-buildをnpm scriptとして定義してあげるとデプロイ中にnpm run gcp-buildを行ってくれる。

package.json
{
  "scripts": {
    "build": "NODE_ENV=production webpack",
    "gcp-build": "npm run build"
  }
}

該当のDockerfile

nodejs-docker/Dockerfile.txt · GoogleCloudPlatform/nodejs-dockerhasBuildCommandがtrueだとnpm run gcp-buildを実行してくれる。
nodejs-docker/detect_setup.tspackgeJson.scriptsgcp-buildが定義されていればhasBuildCommandがtrueになる。

nodejs-dockerリポジトリ

gcloud app deployを実行すると、Container Builderでイメージのビルドが行われている。nodejs-dockerはそのビルドに使われるDockerfileを保持するリポジトリ。

RailsもGCPで運用しているんだけど、GoogleCloudPlatform/ruby-dockerにDockerfileがあってトラブルがあったときはよくお世話になっている。

自前のDockerfileを使用する手もある

gcloud beta app gen-config --customDockerfileを吐き出してくれて、app.yamlruntime: customとすることで自分が作っているDockerfileを見てくれる。

あまりスタンダードなデプロイから離れたくなかったので今回の標準的な方法(?)を採用した。ただ、将来的にはGKEでk8sを動かす気がするのでDockerfileは自分で書くことになりそう。


正直ビルドプロセスをおまかせしたいからApp Engineを使っているのに、なんでソースコード見ることになるのか…

@mottox2フリーランスWebデベロッパー

都内でフリーランスエンジニア・デザイナーとしてWebサービスやスマホアプリを作っています。Ruby on Railsでの新規事業の爆速立ち上げや、使いやすいSPAの開発が得意です。

お問い合わせはこちら