mottox2 blog

Netlify FunctionsでTypeScriptを使って開発する

blognetlify

この記事は既に内容が古くなっています。最新の内容は「Netlify Functions + TypeScriptのボイラープレートを作った」をご覧ください

先日Netlify Functionsの入門記事を書きましたが、TypeScriptで書きたかったので書けるようにしました。

Netlify公式がホスティングしているFunctions用のCLIであるnetlify-lambdaをフォークしてnpmで公開しました。
https://github.com/mottox2/netlify-lambda
https://www.npmjs.com/package/@mottox2/netlify-lambda

使用方法

$ npm install --save-dev @mottox2/netlify-lambda

でパッケージをインストール。

package.jsonに以下の様なnpm scriptsを定義しておきましょう。

{
   "scripts": {
    "serve": "netlify-lambda serve src/",
    "build": "netlify-lambda build src/"
   }
}

あとはnpm run buildなどで実行すれば動くはずです。

実際に利用しているリポジトリも参考にどうぞ!

何をやっているか

Netlify Functionsの中身はAWS lambdaなのでnode 6.10環境用にビルドすればよさそうな雰囲気を感じました。
netlify-lambdaの役割はNetlify特有の環境変数等の設定を読み込みWebpackを走らせるというライブラリになっていました。

なので、ビルド結果はnode6.10向けにしつつTypeScriptが動けばよいので、Webpackのbabel-loaderでbabel7 + baebl-preset-typescriptを読み込めばいけそうでした。目論見通り動いたので、それを名前空間(@mottox2)を付けてnpmに公開した次第です。

一応元のリポジトリに対してbabel7のプルリクエストは投げているのですが、ここ数ヶ月動きがないのであまり期待していません。

快適なNetlify生活をお送りください。

B!
dev

ブログのReactを16.8にあげてReact Hooksで書き換えてみた

2019/02/06にReact16.8がリリースされ、16.7のalphaから入っていたReact Hooksが安定版にやってきました。 そこで今回このブログで使われているReactを16.8に上

javascriptreact
blog

Netlifyのデプロイ通知をDiscordで受け取る方法

Netlifyでサイトをホスティングしていると、デプロイ開始から完了までのタイムラグがあることでデプロイの完了を把握するにはWeb UIを確認する必要があります。 しかし、デプロイごとにWeb UI

discordnetlify
dev

netlify-cliを使ってCLIでデプロイを行う

Netlifyには優れたUIを持つWeb画面が用意されていますが、CLI(コマンドラインインターフェース)も用意されており、CLIのみでのデプロイも可能になっています。 通常の開発ではWeb UIで

netlify