mottox2 blog

Roppongi.js #7でVue.jsで静的サイトを作れるGridsomeのLTをしてきた

mottox2
mottox2
2018/11/22

2018/11/19にRetty社で開催された「Roppongi.js #7」のLT枠を頂き「Vueで静的サイトをつくるGridsome」というタイトルで話してきました。

発表資料

先月ブログに書いた「GatsbyJSライクなVueの静的サイトジェネレーター Gridsomeを触ってみた」をもとにしており、「今求められる静的サイトとは?」という前置きからGridsomeの紹介をさせてもらいました。

最初はVueでJAMstackが実現できるというポイントを推したかったのですが、5分の中でJAMstackの話までするとなにも伝わらなくなりそうなのでやめました。

未確認情報ですが、Nuxtにstatic modeという静的化ファイルを吐き出す機能が生まれる話(Twitterで見た)があるのでNuxt.jsでより精度の高いJAMstackが実現できるかもしれません。

感想

Rettyさんはスマホ世代の飲食店レビューサービスですが、食べ物を扱っているサービスだけあって出てきた豪華でびっくりしました。

今回はほぼ時間どおりに発表をこなしましたが、静的サイトのテーマを5分で話すのはしんどくなってきていてます。自分の理解度がどんどん上がっているという理由もあるのですが、どんどん前置きが長くなってしまっています。
前回のRoppongi.jsで時間配分に大失敗したので、その経験は活かせてよかったです。

ちなみにGridsomeはコード読みやすい上に勉強になるのでマジおすすめ!

Roppongi.jsの運営さん方や会場の提供をしていただいたRettyさん、ありがとうございました!

@mottox2フリーランスWebデベロッパー

都内でフリーランスエンジニア・デザイナーとしてWebサービスやスマホアプリを作っています。Ruby on Railsでの新規事業の爆速立ち上げや、使いやすいSPAの開発が得意です。

お問い合わせはこちら

自分のGitHubから読み取る挫折の歴史 in 2018

この記事は、「Crieitアドベントカレンダー」9日目の記事です。遅刻ごめんなさい。 Crieitはプログラマー・クリエイターのためのサイトなので、自分のクリエイターになろうとして失敗した記録をG

Netlify Functions + TypeScriptのボイラープレートを作った

8月に書いた「Netlify FunctionsでTypeScriptを使う」という記事で、netlify-lambdaをフォークしてTypeScriptを使っていると書きました。 数ヶ月経ち、フォ

netlify

Netlify FunctionsでTypeScriptを使って開発する

この記事は既に内容が古くなっています。最新の内容は「Netlify Functions + TypeScriptのボイラープレートを作った」をご覧ください 先日Netlify Functionsの

netlify

技術ブログを支える技術(Gatsby + esaio)

2018年5月に公開を始めた当ブログですが、Gatsbyをより多くの人に使ってもらいたいと考えソースコードをオープンにしたので、ブログで用いている技術について説明します。 > 当サイトについて当サ

esaiogatsby