mottox2 blog

技術書典6でNetlifyとGatsby本を頒布します

devgatsbynetlify技術書典

thumbnail
技術書典6「か67」でNetlifyとGatsbyの本を頒布します。
Netlifyは92ページ、Gatsbyは100ページ超(執筆中)でどちらとも¥1,000で頒布を予定しています。

興味のある方はサークルページからチェックをしてもらえると嬉しいです。

本について

Netlify本「Netlify Recipes 30」は新刊、Gatsby本「Gatsby Guidebook」は既刊の改訂版になります。

今回はデザインのアドバイスをタカユリさんにしてもらい、前回の技術書典で頒布したものよりよいものになったと思います。お忙しい中、ありがとうございました!

Netlify Recipes 30

前回の技術書典では「Netlifyで始めるサーバーレス開発」という本を出しましたが、今回はNetlifyのHosting, Forms, Functionsを扱ったNetlify本です。
30のレシピ集という体裁で書いており、機能の使い方からマニアックな使い方まで取り扱っています。

本文のページをいくつかピックアップしたので、購入の検討にお使いください。

ogp.png (206.5 kB)

netlify-techbook-2 3.jpeg (297.7 kB) netlify-techbook-2 4.jpeg (408.6 kB) netlify-techbook-2 17.jpeg (431.7 kB) netlify-techbook-2 22.jpeg (320.2 kB)

今回はRe:VIEWのカスタマイズを頑張ったり、改ページ位置の調整で読みやすい本になるような工夫をしています。ぜひぜひ。

Gatsby Guidebook

こちらはBOOTHで販売している「GatsbyJSで作るモダンウェブサイト」の改訂版になります。(Netlifyの本にテイストを揃えたいので名前を変えました。)
前回の技術書典で頒布したものですが、Gatsbyの入門箇所を中心に書き直して、16ページほど書き足しました。前回は要素ごとに説明していたものをポートフォリオの枠組みだけ作る流れに変更しました。また、Re:VIEWのカスタマイズが進んだおかげで読みやすい本になっています。

第1章ではReactのおさらいをしつつJSXでポートフォリオを構築します。最後にReact単体でウェブサイトを作る際のデメリットを確認し第2章でGatsbyに入門します。
第2章ではポートフォリオの要件を達成するGatsbyのサイトを作成します。Gatsbyのルーティング、データの取扱、Netlifyのデプロイまで一通りサイトが作れるレベルまでやります。
第3章では記事データを外部のContentfulというHeadless CMS(Viewを持たないCMS)に保存し、そのデータをもとにサイトを構築する方法を学びます。

ogp.png (251.6 kB)

gatsby-guidebook3.jpeg (421.0 kB) gatsby-guidebook3 2.jpeg (305.3 kB) gatsby-guidebook3 3.jpeg (328.8 kB) gatsby-guidebook3 19.jpeg (310.7 kB) gatsby-guidebook3 20.jpeg (478.2 kB) gatsby-guidebook3 21.jpeg (314.7 kB)

今回はおやかたさんの「ワンストップ勉強会」(あ01)、エンジニアの登壇を応援する会の「エンジニアの成長を応援する本」(あ01)にも寄稿しています。そちらもよろしくおねがいします。

B!
dev

WordPressをSifterでホスティングする際の検討メモ

Shifterは株式会社デジタルキューブ が運営する「Serverless Static WordPress ホスティング」と銘打っているサービスです。 通常用途でWordPressをする際は常

shifterwordpress
tips

Production modeでもVue.js Devtoolsを有効にする方法

今年のWWDCは熱かったですね!その中でもSwiftでReactのように宣言的にUIを記述できるSwiftUIの発表はこれからのiOSアプリに変革をもたらす存在だと思います。 そのSwiftUIの

chromevue
event

『初夏のJavaScript祭』でSPAのSSR, SSGについて話してきました

メンバーズキャリアさんのオフィスで開催された『初夏のJavaScript祭 in メンバーズキャリア』で登壇の枠を頂いたのでSPAをリリースする際によく検討されるSSR(Server Side Red