mottox2 blog

最近見つけた気になる作図系Webサービス3選

summary

今年に入って見つけた作図、画像生成系のサービスをまとめてみました。


Blobmaker

最近見かけることが多くなった、丸みのある形状をランダムで生成する画像メーカー。
色や複雑度、コントラストを設定し、図形を生成します。
生成した画像はSVGで保存できるので、生成した画像と、別のフラットデザイン系のイラストを組み合わせるとそれっぽい画像が出来上がります。
単体で使用するというよりは、他の要素と組み合わせてビジュアルのクオリティを上げる利用法になりそうです。
(このサービスは何故かGatsbyJS製です、作っている会社のページもGatsbyJSなので揃えているのかも)

www.blobmaker.app_.png (143.2 kB)

Icograms 3D Map Online Designer

FFタクティクスのようなクアッドビューな画像を作れるサービスです。
使える画像パーツが豊富に用意されており、それらの画像を組み合わせるだけでそれっぽい画像が作れます。
インフォグラフィック用途のものを始め豊富なテンプレートが用意されており、いたせりつくせりなサービスです。

Pinterestで「icograms」と検索すると作例が見れます。本当にクオリティが高い…
https://www.pinterest.jp/search/pins/?q=icograms&rs=typo_auto_original&auto_correction_disabled=true

icograms.com_icograms-designer.php.png (805.1 kB)

Whimsical

個人的に一番気になっている作図サービスです。
サービスとしてはFlowcharts、Wireframes、Sticky Notesの3つが用意されており、スクショはFlowchartsのものです。
普通の作図系ツールは要素間をつなぐのに自分で矢印を設置する必要がありますが、このサービスのFlowchartsはつなげることが前提になっているので、要素をつなぐ・グリッドを揃えるような操作が簡単です。

whimsical.co_CrQsuLamCotLGuf3Q4FQXJ.png (287.4 kB)


個人サービスとして作図系のサービスを考えてそれの調査を兼ねているので、かなり偏りのある内容だったと思います。

B!
tips

Google Chromeスクショ術

技術同人誌やブログを書く上で外せないのがスクリーンショットを取ることです。 同人誌を5冊書いていく経験の中で慣れてきたので、自分がスクリーンショットを撮る時に使っている方法を紹介します。 > C

chrome
event

技書博で「SlackApps開発ガイド」を頒布します

7/27に大田区産業プラザPiOで行われる技術書同人誌博覧会(技書博)に「つのぶえ出版」としてサークル参加します。 今まで「つのぶえ出版」としてはGatsbyとNetlifyの本を4冊だしていまし

event

Ginza.jsでNext.jsをNetlifyで配信するLTをしてきた

2019/5/22にPlaidさんのオフィスで行われたGinza.js #1にLT枠で参加してきました。 前から、Plaidさんの会場は一面芝というのをTwitterで観測しており、今回初めてお邪魔

ltnetlifyreactnextjs