mottox2 blog

技書博で「SlackApps開発ガイド」を頒布します

event

7/27に大田区産業プラザPiOで行われる技術書同人誌博覧会(技書博)に「つのぶえ出版」としてサークル参加します。

今まで「つのぶえ出版」としてはGatsbyとNetlifyの本を4冊だしていましたが、今回はSlack Appsに関する本を出す予定です。

「Slack Apps開発ガイド」

表紙は只今制作中。表紙の関係でタイトルは変更の可能性があります。

Slackは仕事のコラボレーションツールとして広く普及しています。職場だけでなく、家庭やコミュニティの活動もSlackで行われることも多くなっています。

そういった中でSlack AppsというSlackの機能を拡張する仕組みが用意されています。

Slack AppsにはGitHubやCircleCIなどのサービスに連携しているものは配布されていますが、自分たちにとって最適なアプリは自分で作るしかありません。

ただ、Slack Appsはドキュメントの量が多く、すでにDeprecatedなものもある等、初心者にとってハードルの高いものとなっています。もちろん、Web上に開発者向けの記事はありますが、断片的で全体を一気に俯瞰することはできません。

本書は「この一冊でSlack Appsがだいたい分かる」を目指して書かれた本です。

対象読者

本書では、次のような方を対象読者として執筆しています。

  • プログラミングで効率化が好きな人
  • Slackが好きな人
  • Slack上ですべてを完結させたい人
  • 簡単なプログラミング経験のある人(言語は問わない)

目次

第1章 SlackAppsについて知る
第2章 Incoming Webhooksを利用する
第3章 Web APIを利用する
第4章 Cloud Functionsの導入
第5章 Slash Commandsを利用する
第6章 Interactive Componentsを利用する
第7章 Event Subscriptionsを利用する

本の前半では、Slack Appsでできることや既存のアプリについて抑え、サーバーを必要としない「Incoming Webhooks」と「Web API」を扱います。

本の後半では、サーバーを必要とする機能を利用するためにGCPのCloud Functionsのセットアップを行います。セットアップ後は、メッセージ欄で特殊なコマンドを定義できる「Slash command」、Slack上でボタンやダイアログを扱う「Interactive Components」、Slack上のイベントを取得できる「Event Subscription」をそれぞれ扱います。

中身

ReVIEW-Template2-01.png (203.2 kB)
ReVIEW-Template2-07.png (154.2 kB)
ReVIEW-Template2-08.png (164.3 kB)
ReVIEW-Template2-15.png (159.3 kB)
ReVIEW-Template2-18.png (157.6 kB)

今回は図を使った説明が多めです。ずっとSketchで図を作っていた気がします。

まとめ

イベントのサークルページでチェックリストに加えてもらえると印刷部数が把握しやすくなるのでチェックをお願いします。
来週の金曜日に入稿する予定ですので、まだまだチェック間に合います。
ギリギリまでクオリティを上げていきたい所存です。

B!
book

MS Wordで柱に章番号・テキストを表示する方法

技術書展8に向けてWordとPandocを使って同人誌を作っています。PandocではWordのテンプレートを用意して、その中にMarkdownで書いたコンテンツを流し込みます。この構成で大事なのがW

event

技術書展8でSPAの技術に関する同人誌を出す予定です

技術書展7、技書博1に続いて技術書展8や技書博3に向けて、つのぶえ出版として新作を書いています。今回は「フロントエンドの技術選定」「仕組みの理解」あたりをテーマに考えています。 - ReactとV

diary

タスク消化のためにひとり合宿をやってきた

3泊4日をかけて名古屋でタスク消化合宿を行った。 簡単にまとめると、普段の環境では進捗が見えやすく、達成感を得られるプログラミングをやりがちですが合宿の場を用意することで普段進みにくいタスクを消化す