mottox2 blog

フロントエンドNightで『JSXでつくるDSL』というLTをしてきた

eventlt

gifteeさんのオフィスで開催された『フロントエンド Night #1』というイベントでLT枠を頂き『JSXでつくるDSL』というLTをしてきました。

話したこと

JSXからJSのオブジェクトに変換することでXMLやYAML、プレーンテキストへの変換が容易に行なえます。
また、JSXのシンタックスはエディタでサポートされているので、JSDocによるドキュメンテーション、フォーマッターのサポート、TypeScriptによる型チェックなど多くのメリットを享受できます。
このアイディアを元にLTに落とし込みました。スライドにはありませんが、JSXからPowerPointを生成するデモを行いました。ぎりぎりフロントエンドだと思います。

jsx-review

今回のデモ用にjsx-reviewというJSXをRe:VIEW形式に変換する実用性のないライブラリを書きました。
ただ、コンセプトは伝わる実装だと思うので、興味のある方はぜひ最強のDSLを作ってみてほしいです。

https://github.com/mottox2/jsx-review

感想

LTをする前はすごい不安だったのですが、LTのデモでそれなりに「おー」みたいな声が上がったので安心しました。懇親会はカジュアルな雰囲気で多くの人と話すことができて楽しかったです。ピザがめちゃくちゃ多かったです。
gifteeの皆様、勉強会の運営ありがとうございました。

ギフト、嬉しいです。

B!
diary

タスク消化のためにひとり合宿をやってきた

3泊4日をかけて名古屋でタスク消化合宿を行った。 簡単にまとめると、普段の環境では進捗が見えやすく、達成感を得られるプログラミングをやりがちですが合宿の場を用意することで普段進みにくいタスクを消化す

poem

エディタの見直しをして発見があった話

僕はVSCodeをエディタに採用しつつ、Vimキーバインドを使う人間です。VSCodeではVSCodeVimという拡張機能が存在し、インストールすることでVimのキーバインドを使えるようになります。

dev

framer-motionとreact-routerを組み合わせたお手軽ページトランジション

Reactでページ遷移時のトランジションを実装しよう!となった時に思い浮かぶのはreact-transition-groupを使ったトランジションでしょう。ですが、react-transtion-gr

react