mottox2 blog

PowerPointで挑んだ「WeJS Festival !」参戦レポ

event

We are JavaScripters、略してWeJS。そんなWeJSが3周年ということで「WeJS Festival!」というイベントが開催されました:tada:

そんな、超イケイケなフェスにPowerPointをテーマに殴り込んできました。

話してきたこと

内容

PowerPoint製のレポートを提供するサービスを運営している会社の研究開発をお手伝いしています。
そのサービスでは複雑なレイアウトのPowerPointファイルを提供しています。もちろん、その複雑なPowerPointを組むためのコードが内部で動いているわけです。

そのコードはいわゆる命令的なコードでUIを組む、座標や要素の大きさを数値で指定する感じのものでした。
変更コストが高いので、そういったコードがReactのパラダイムで動くようになればサービスの進化が早くなると思いました。
そういった理由からPowerPointをReactで組むライブラリを作ったので、それを発表しました。

現在は本ライブラリを使ってサービスのプロトタイプを作っている段階ですが、今後の話もどこかでできたらと思います。

リポジトリ

本体
kobit-develop/jsx-presentation

テンプレート
kobit-develop/jsx-presentation-starter

感想

Cybozuさんのオフィスがめっちゃきれいだったり、WeJSクッキーや飯がとても美味しかったのが記憶に残っています。基本的に大きな部屋で他の登壇を見ていました。
ReasonMLやJSの処理順序の話など面白いテーマが話されていましたし、特に@ __ sakito__さんの発表は会場の一体感を含めラストにふさわしいライブコーディングでした。自分もASTを使ってなにかできそう!という気持ちになりました。

運営の皆様、3周年おめでとうございます!こういったタイミングで登壇の機会をいただけて嬉しかったです。

B!
diary

タスク消化のためにひとり合宿をやってきた

3泊4日をかけて名古屋でタスク消化合宿を行った。 簡単にまとめると、普段の環境では進捗が見えやすく、達成感を得られるプログラミングをやりがちですが合宿の場を用意することで普段進みにくいタスクを消化す

poem

エディタの見直しをして発見があった話

僕はVSCodeをエディタに採用しつつ、Vimキーバインドを使う人間です。VSCodeではVSCodeVimという拡張機能が存在し、インストールすることでVimのキーバインドを使えるようになります。

dev

framer-motionとreact-routerを組み合わせたお手軽ページトランジション

Reactでページ遷移時のトランジションを実装しよう!となった時に思い浮かぶのはreact-transition-groupを使ったトランジションでしょう。ですが、react-transtion-gr

react