mottox2 blog

技術書展8でSPAの技術に関する同人誌を出す予定です

event

技術書展7、技書博1に続いて技術書展8や技書博3に向けて、つのぶえ出版として新作を書いています。今回は「フロントエンドの技術選定」「仕組みの理解」あたりをテーマに考えています。

  • ReactとVueの大きな違いは何?どんなケースで差が出るのか?
  • GatsbyとNext.jsは何が違うのか?(NuxtとGridsomeの違い)
  • ネイティブアプリ開発に応用しやすいのはどれ?
  • SSRをしたい理由としたくない理由って何?
  • Next.jsやNuxt.jsにおけるhydrationとか何か?
  • Jamstackって何?どんなメリットがあるの?

具体的には上記のような技術選定において「なんでこの技術を使うんだっけ?」みたいな箇所を1ページに1テーマ、解説を入れるイメージで書いています。

技術書展で買った本は積まれやすいという話も話題にあがりました。これに関しては自分も同意見で、どうも分厚い本は読むハードルが高いと感じていました。

そこで、当サークルではチュートリアル系の本を多く書いていたのですが、今回はページ完結型で36ページ程度、本当の意味での薄い本を書こうと思い当たりました。読み口が軽いのに、タメになる本を書きたい気持ちがあります。
扱うトピックもフレームワークやライブラリのチュートリアルだけでは気づきにくいポイントに絞ってあるので、脱初心者を図りたい人にピッタリの本になる予定です。

予定です。

B!
book

MS Wordで柱に章番号・テキストを表示する方法

技術書展8に向けてWordとPandocを使って同人誌を作っています。PandocではWordのテンプレートを用意して、その中にMarkdownで書いたコンテンツを流し込みます。この構成で大事なのがW

diary

タスク消化のためにひとり合宿をやってきた

3泊4日をかけて名古屋でタスク消化合宿を行った。 簡単にまとめると、普段の環境では進捗が見えやすく、達成感を得られるプログラミングをやりがちですが合宿の場を用意することで普段進みにくいタスクを消化す

poem

エディタの見直しをして発見があった話

僕はVSCodeをエディタに採用しつつ、Vimキーバインドを使う人間です。VSCodeではVSCodeVimという拡張機能が存在し、インストールすることでVimのキーバインドを使えるようになります。