mottox2 blog

複雑GUI会の『入門GUI』を読んだ

book

時折、(私の)Twitterで話題になる複雑GUI会。その方々が「技術書典 応援祭」で『入門GUI』という本を頒布していたので、読んで写経を行いました。

複雑GUIの会を主催した - No Regrets in Bathing

複雑GUIという名前からわかる通り、本書ではブラウザのSelectboxを自前で実装する章、バウンディングボックス、並び替え、スクロールに連動するヘッダーDnDなど、普段Webフロントエンドをやっているとライブラリに頼りがちな箇所の実装を解説しています。

入門GUI ーWebブラウザで作る本格インタラクションー:複雑GUIの会

感想

ここからは感想です。

React, Vue, Web Componentsといろんな実装方法が使われていて実装の差が面白かったです。とりあえず第1章の自作Selectと第3章のスクロールと連動するヘッダーを比較的得意なReactで写経してみました。

第2章のバウンディングボックスは、今までやったことのない類の実装で結構苦戦しました。自作Selectやヘッダー、DnDはちょっとだけ触ったことがあったのですが…

最後の第5章では、Web上でデザインしてそのまま公開できる『STUDIO』のCPOを迎えてGUIの未来についての座談会の文字起こしを取り上げています。
NoCode系サービスが生み出す、新しいレイヤーの話や、メンテナンスの話。GUIと相性の悪いものの話、GUIの進化系など、ソフトウェアエンジニアとして未来を考えさせられる話をしています。
本では言及されていませんが、個人的にはスマホの次のGUIがめちゃ気になりです。

最近のフロントエンドはデータの取り回しに関心が集まっている雰囲気を感じますが、2010年代前半を感じさせる『入門GUI』にはすごい親近感がわきました。GUIパーツの自作、割と好きな方なので非常に面白かったです。

B!
dev

Next.jsのStatic Generationを追う際に参考にしたページ

Next.jsのStatic Generationを追っておく際に見たページをまとめた。簡単に要点をまとめてはいるが、詳しくはリンク先のオリジナルを見てほしい。 > 2019 in Review2

dev

リモート勤務なITエンジニアが分報で気をつけること

2020年になり誰もが予想しなかった速度で、人々の営みはオンライン上で行われるようになりました。もちろん仕事も例外ではありません。 そういった変化の中ではオンライン上のコミュニケーションがより重要

poen

うちでやりたい○つのこと

新型コロナウイルスの影響で外出が推奨されなくなって数週間がたった。 「自分は普段から引きこもりがちだ。大して影響はないだろう。」と構えていたが、日に日に後ろ向きの感情が強くなっているように感じている

うちにいよう
Copyright © 2019 @mottox2 All Rights Reserved.